見学できる

ペティキア

女性のみならず、男性もネイルに関する知識が知りたいと通うネイルスクールですが、そのネイルスクールに通う前に、ネイリストやスクールに通っていた人に直接相談してみるのも一つの案としてあります。

現在、ネイルスクールは多種に存在しています。
自分で調べるのはもちろんですが、ネイルスクールに通っていた経験者に相談することで自分に合ったスクール選びをすることができます。
また、経験した人のスクールの講習料金やコース内容、教材などの内容を知ることが出来、そのスクールの資料を事前に取り寄せることができるのです。
そういったことを行いながら平行してネイルスクール探しをすることで、スクールを厳選することができます。

ネイルスクールは一般的に、個人で技術を学べぶことや、複数で学ぶこともできます。
それぞれのコースが存在しており、友達同士で学ぶことも出来れば、個人でしっかり学ぶことが出来るマンツーマンコースも存在しています。
自宅に近い場所など、生活に支障のないスクールを選ぶことで、しっかり学ぶことができます。

スクール選びは生活や費用、受講するコース、趣味で学ぶのか、プロを目指し学ぶのか、などによって異なってきます。
そのため、資料請求や、授業見学なども行っていきましょう。

目標に見合った予算

ジェルネイルキット

ネイルスクールに通うには、何のために学ぶのか?が大切だと紹介しましたが、その目標により予算も決まってきます。

ネイルスクールに存在しているコースは多種に存在しており、その中から自分に合うコースを受けることができます。
プロのネイリストを目指す場合、本格的にネイルに関する知識を学ばなくてはいけません。
爪のケアや消毒、甘皮の除去の仕方、道具を使用する際の衛生管理、ネイルアートやエクステンション、リペアなど、知識や技術など覚えることが多種に存在しています。
その場合の予算としては、30万~120万ほどの予算が必要となります。
趣味で行う場合は、10万~30万の予算となります。

スクールやコース内容によって料金は異なってきますが、一般的にはこういった予算となります。

ネイルスクール卒業後にネイリストとして活躍することを考えている場合、本格的に知識や技術を得ることは必須となります。
その場合は、講習時間が長時間ある方がしっかり学ぶことができます。

こういったネイルスクールの費用の他に、入学金や材料費などもかかりますが、教材費はスクール側が負担しているところもあります。
しっかりスクールについて学ぶことで、納得のいくスクールを見つけることが出来ます。

また、技術を修得するまでに半年から1年ほどかかります。
その間に試験があり受けることもあります。
試験には、ネイルに関する知識や技術を時間内で丁寧に行うことが出来るか、などの試験を行います。
地道に学ぶことで習得できる技術でもあるのです。

決して金額は低価格ではありませんが、目標とするコースを選択し学ぶことでしっかり学ぶことができるのです。

また独立を考えている方は、プロコースの中でも、独立するために必要となる知識も得るコースも存在しています。

検定試験について

ネイルチップ

日本で行っているネイルの検定試験は、ネイルスクールで知識や技術を学び受けることが出来ます。
その検定試験ですが、国家資格ではなく、民間資格となっています。
しかし、ネイリストとして働くには充分な技術があるとして認識されるのです。
そのため、プロのネイリストを目指す方には必須な資格となります。

検定試験には一般的に行われている試験が2種類存在しています。
どちらも一般的に年に2回ほど実施されており、どちらも技術や知識があるとして通用する試験となります。

また、級があり、1級まで取得することで活躍できる分野が広がっていきます。

どちらの検定もネイリストを目指すには必要となる資格となり、知識や技術を得て資格を取得することで、世界で活躍できるネイリストになることができるのです。

そのため、自分がなぜネイルを学びたいのか?を知っておくことで、受講するための費用や授業に向上心を持って学ぶことが出来るのです。

試験を受けるまでの知識や技術を得るには様々な形で行うことが出来ます。
特に仕事が忙しくスクールに通うことが難しい方は、通信講座で受講できるネイルの知識を学ぶことが出来ます。

教材もしっかりしており、その教材や材料で学ぶことによって試験を受けることもできるのです。